着物買取のオススメ業者 - 業界の裏事情と比較ランキング

シンプルな男の着付け方法

男性が着付けを行なう際には、特別な手順はありません。
まず、着物を羽織ります。着物の下には肌襦袢と呼ばれるものを着るのですが、代わりにTシャツなどでもかまいません。羽織りましたら、全体のバランスを整えてずれを正さなければなりません。その際には両袖を持ち、体の中心のラインを意識しながら着物が真ん中にくるようにします。
そして自分から見て右側の襟を右手で掴み、体全体をくるむように巻き付けます。この際に左側から巻きつけてしまいますと死装束となってしまい、縁起が悪いといわれるので、絶対に間違ってはいけません。そして同様の手順で左側の襟を体に巻き付け、腰ひもを結ぶことによって着付けは完了します。男性だから特別な手順があるわけではなく、むしろ男性用は女性用よりもシンプルで、小物も少ないので気を付けなければならない点は少ないので、初めての方でも正しい手順と方法を守ることができれば簡単に着付けを行なうことができます。

めくるめく着物の世界へ